ONOっち日記

ONOっちが様々な出来事を日記にしました!

*

たま駅長が16歳で死去!死因は鼻炎か過剰な勤務時間か?

   

Pocket

やぁ、ONOっちです!

和歌山電鉄の貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)の駅長
日本一有名な猫である「たま駅長」が亡くなったそうです。

残念ですね・・・



たま駅長は赤字経営だった和歌山電鉄を立て直した立役者でした。

猫が駅長になるのは日本の鉄道会社で初めてらしく、話題となり多くの観光客を
呼び寄せました。グッズ販売やSNSなどを駆使し黒字経営に持ち込みました。

そんな功績を残した、たま駅長の死因についてONOっち調べてみました!

スポンサードリンク


プロフィール



生年月日:1999年4月29日

出身地:和歌山県那賀郡貴志川町(紀ノ川市)

所属:和歌山電鉄の貴志川線貴志駅

デビューのきっかけ:和歌山電鐵の小嶋光信社長が
「たまちゃんと目があった瞬間、ピカッとたまちゃんの駅長姿が頭にひらめきました」
とのことで「たま駅長」が誕生したといわれている。

たま駅長の死因は?

たま駅長は2015年5月から鼻炎にかかり当分の間、休養を
余儀なくされていました。

休養期間中は代理の駅長「にたま駅長」がヘルプで入ってくれたそうです。



たま駅長の死因は急性心不全だったそうです。

16歳という高齢からきた急性心不全なのでしょうね・・・
人間で言うと60-70歳に相当しますからね・・・

長く生きましたね・・・

ONOっちは「たま駅長 勤務時間」というワードを観て、過剰に働いたことに
よる過労死かと考えてしまいました。

たま駅長の勤務時間は9:00~17:00で土・日・月・祝日は公休である。
ただし、まれに土・日・月・祝日でもイベントなどで短時間「休日出勤」していることはある。
年末年始など売店休業日や荒天時も休みとなる。


休日出勤しているなんて・・・たま駅長は偉いですね・・・

ONOっちまとめ!

1. たま駅長とは和歌山電鉄の貴志川線貴志駅の駅長である。

2. 16歳で亡くなり人間にしてみれば60-70歳に相当する。

3. 死因は急性心不全。 5月から鼻炎で休養を余儀なくされていた。

以上、ONOっちでした。

 - 未分類