ONOっち日記

ONOっちが様々な出来事を日記にしました!

*

神奈川新聞花火大会おすすめスポットは?アクセスや屋台情報まとめ!

      2015/11/29


やぁ、ONOっちです!

毎年夏のイベントとして挙げられるのが花火大会!

花火大会は行き当たりばったり行くのもいいですが、
できればスムーズに行きたいですよね!


今回は神奈川新聞花火大会のおすすめスポットやアクセス、屋台についてONOっち調べてみました!

スポンサードリンク


おすすめスポットは?

神奈川新聞花火大会に限らずやはり、皆さんは穴場スポット
を探していますよね! そんなものあるのか?



有料にはなりますが、

臨港パークおよびカップヌードルミュージアム
入場制限地区ですが「花火観賞券」を購入することで入場できます。
なお入場時に1人1枚のアウトドア用ポータブルシートが配布されるそうで
自前でシートの持ち込みは禁止です!

「花火観賞券」の値段は、大人(高校生以上)2,600円/子供(小・中学生)500円です。
保護者同伴であれば小学生未満は無料で入場できるそうなので
小学生未満のお子さんがいるならおススメですよ。 人ごみが多い中観るよりは
だいぶいいでしょう。

なお「花火観賞券」はチケットぴあやセブンイレブン、サークルKサンクスで購入可能。
臨港パークのPコードは<629-548>
カップヌードルミュージアムパークのPコードは<629-549>です。

●チケットぴあ
http://pia.jp/

よこはまコスモワールド

大観覧車から花火を観ることができるおすすめスポット!

花火大会当日は40分待ちが予想されるので開催時間から逆算して
並ぶのがおススメですよ!

横浜ランドマークタワー69F スカイガーデン

地上273mにある展望エリアになります。見下ろすように花火を観れる
おススメスポットです!
入場料は大人1,000円、高校生、65歳以上800円 小中学生500円 4歳以上200円

無料で観るなら

赤レンガ倉庫北側芝生広場、象の鼻パーク

早い時間から場所取りされる人気スポットです。
しかし、花火が綺麗に観られるスポットのため
場所取りする価値はあるのでは?

横浜港大さん橋国際乗船ターミナル

ここは先着3,000名に無料入場券を配布しています。
ここでは屋上広場の「くじらのせなか」という場所で
花火観賞が可能です。

Sponsored Link



アクセスや屋台は?

神奈川新聞花火大会では例年みなとみらい地区に屋台・露店が出ています。
パシフィコ横浜の北側方面エリアや横浜みなとみらいスポーツパークあたりに屋台・露店が多いです
のでメインは花火ですがサブ的要素で行ってみるのもありですよ!

アクセスに関しては、みなとみらい駅から徒歩10分ですが規制などもかかるらしいので
注意が必要です。 わざわざ横浜駅まで歩くことがありますからね。
帰りは終了30分前にはみなとみらいエリアから抜けることをおススメしますね!

ONOっちが提案することは初めは近いスポットで、時間ごとにエリアから遠ざかるプラン
おススメしますね。

ONOっちまとめ!

1. あらかじめプランを立てて花火観賞に備える。

2. 無料、有料で観れるところがありそれぞれのメリット、デメリットがある。

3. 最初は近いエリアで観て徐々に離れたエリアで観れば混雑を多少緩和できる。

以上、ONOっちでした。

Sponsored Link


 - 未分類