ONOっち日記

ONOっちが様々な出来事を日記にしました!

*

お盆休み(夏休み)のuターンラッシュの予想方法や対策まとめ!

      2015/11/28

Pocket

やぁ、ONOっちです!

毎年、必ずあるイベントの帰省によるUターンラッシュ!
その時期に一斉に人が動くので仕方ないですが、
できれば快適に移動したいですよね~



Uターンラッシュを少しでも緩和できるように何か対策はないか?
ONOっち調べてみました!

スポンサードリンク


Uターンラッシュの予想方法とは?

Uターンラッシュを避けるようにするにはUターンラッシュに
ついて知らなければいけません!


Uラッシュの原因として挙げられるのは

・連休初日に田舎へ帰り連休1日前に戻るからとシンプルな構図
できています!
この原因を理解しないことには始まりませんね。

原因を避けた行動をすれば必然とUターンラッシュを避けられますが
そうもいかないですよね。

ならある程度の予測を立てて対策を練れば少しでも緩和されるのではないでしょうか?

今回は車で帰省した場合ですが、帰省して戻るときのUターンラッシュのピークは
連休最終日前日の昼過ぎ~夜9時頃といわれています。

理由としては、連休最終日は家でゆっくりと過ごしたいという気持ちの表れでしょうね。
多くの人がそのように思っていますね。 ということは多くの人の行動パターンの
裏を取れば、意外と混雑を回避できるのではないでしょうか?

Sponsored Link



Uラッシュの対策は?

連休最終日は家でゆっくりと過ごしたいという気持ちの人が多いので
連休最終日前日にUターンラッシュが起こるという仕組みは理解できたと思うので
対策を経てないとですね!


対策としては

NEXCOの渋滞予測を活用する!

リアルタイムで渋滞を予測し、事故原因もいち早く知らせてくれるので
対策がしやすいですね!

車間距離を長めに保つ!

意外とできていないのが車間距離を保つことです!
渋滞の原因は車間距離を縮めていることが要因の1つといわれています。
なるべく車間距離を長く取るという意識があれば、少しは緩和できるそうです!
全員できればの話ですが・・・

6時間前に行動を!

あらかじめ渋滞予測が立てられれば、渋滞予想時間を避けて行動すればいいわけです!
Uターンラッシュが起こる6時間前に出発をすれば渋滞を避けられスムーズに帰路に
着くことが可能です! 長く田舎にいたい気持ちもあると思いますがどちらが楽に帰れるかに
重点を置けば6時間前行動は非常に良いです!

ONOっちまとめ!

1. Uターンラッシュは原因を知れば避けられる!

2. 連休最終日前日の昼~夜9時にかけてUターンラッシュになる。

3. 最善の対策は6時間前行動!

以上、ONOっちでした。

Sponsored Link


 - 未分類