ONOっち日記

ONOっちが様々な出来事を日記にしました!

*

walkcar(ウォーカー)が話題に!公道OK?仕様や価格が気になる!

      2015/11/27

Pocket

やぁ、ONOっちです!
なんかとんでもない乗り物が登場したそうですね!
かなり近未来的な乗り物です! walkcar(ウォーカー)という
らしいですが、セグウェイに近いものらしいです。



そこでwalkcar(ウォーカー)についてとても気になったのでONOっち調べてみました!

スポンサードリンク


walkcar(ウォーカー)って?

そもそもwalkcar(ウォーカー)って何なのでしょうか?

カバンの中に入る車として誕生したのがwalkcar(ウォーカー)だそうです。

車輪のついたA4サイズの車らしいです。
MacBookAir(もしくはiPad)に車輪がついた感じです。



cocoa motorsという会社が制作にあたったらしく
創業者で芝浦工大出身の佐藤国亮さんは紹介にあたり

「カバンに入る大きさにクルマを小型化した世界初の製品」
「いろんなテクノロジーは進化したのにクルマは持ち運べなかった。
歴史を振り返ると、人の“移動”は進化してこなかった。
ケータイのように持ち運べれば、“徒歩”を初めて進化させられるはず」

と説明したそうです。

なんか革新的な物が開発されましたね!

Sponsored Link



公道OK?

walkcar(ウォーカー)は公道での使用はOKなのでしょうか?
まずはwalkcar(ウォーカー)のプロモーション動画を見てみましょう!


結構、速いのですね! 時速はなんと10kmだそうで!

まずは公道の定義から!

公道(こうどう)とは、日本における道路の分類による概念であり、私道に対する概念である。
広義においては公共一般に広く供されている道路のことを指し、
狭義においては国や地方公共団体(都道府県、市町村や特別区)が指定・建設・管理する道路のことである。

とのことです。

道路交通法上に定める原動機を用いる歩行補助等の要件の1つが
「時速6km以下」ということです。

walkcar(ウォーカー)は時速10km出ることから上記の規定に引っ掛かるので
許可なく公道を走ることができないということになります!

仕様や価格は?

walkcar(ウォーカー)が公道を走れないのは残念です。
しかし、仕様はどんな感じなのでしょうか?


サイズ:A4 MacBookAir(もしくはiPad)くらい

重さ:2kg 

時速:10km

走行距離:最大12km

最耐重:120kg

充電時間:フル充電で3時間

価格:10万円前後を予定

だそうです。 プロモーション動画にも載っていたように
進む、止まるが簡単です。 体重移動で思うように動く乗り物です。

荷物を運ぶ、足の不自由な人の補助としても使える画期的な乗り物ですね!

発売が楽しみですね!

ONOっちまとめ!

1. 持ち運びできる車walkcar(ウォーカー)誕生。

2. 残念ながら公道で使うのは不可能。

3. 時速10kmで価格は10万円前後を予定。

以上、ONOっちでした。

Sponsored Link

 - 製品